MATSUYAMA

PRODUCTS 製品紹介

SHOPPING GUIDE ご利用ガイド

TOPICS トピックス

STAFF SELECT わたしのイチオシ

ブランドからさがす

アイテムからさがす

GIFT WRAPPING

CATALOG & SAMPLE

FACTORY OUTLET

M-mark アミノ酸ヘアウォーター
「お客様にとってはひとつの石けん」であることを忘れない
生産部 外川明美

Q.イチオシの製品はどの製品でしょうか。 外川:「Mマーク アミノ酸ヘアウォーター」です。私はくせ毛のため、髪が広がってしまうことに悩んでいました。それで、この製品を試してみたところ、髪が広がらずまとまりがよくなってとても感激しました。髪の毛がベタつかず、さらっとしているところも気に入って長い間愛用しています。使い方は、半乾きの髪にスプレーして、髪を整えながらドライヤーで乾かすだけ。それだけで髪の毛が広がらないので、今では手放せません。ラベンダーとローズマリーの天然精油の香りで、さわやかなところも気に入っています。私は製造には携わっていないのですが、愛用しているイチオシの製品なので、ご紹介しました。詰替袋があって買いやすく、環境に優しいところも使い続けているポイントです。

Q.毎日使うものは使用感はもちろん、使い続けやすいものがいいですね。この製品の製造には携わっていないということですが、普段の仕事について教えてください。 外川:入社後はスキンケアの充填、包装の工程を担当していました。その後、しばらくしてからは透明石けんの成型工程に携わっています。石けんが乾燥した後、さらに透明度を高めるためにタオルを使ってひとつひとつ手で磨き、型を打って包装するまでの工程です。一日に何千個もの石けんをスタッフで力を合わせて磨いています。

Q.透明石けんの成型工程に携わるスタッフの石けんを磨く技術は、同じ社内のスタッフからみても、その丁寧さと素早さに驚かされます。 外川:透明石けんは、製造に時間も手間もかかる製品です。製造から成型工程まで数カ月経過しています。成型工程までやってきた石けんたちは、たくさんの人に手をかけられた大事な石けんですから、ひとつも無駄にしないよう丁寧に扱わなくてはなりません。同時に、一日でたくさんの石けんを仕上げる必要がありますから、素早さも必要です。また、石けんは生き物のように日々状態が異なることがあります。もちろん、製品が違えば処方が違い、それぞれの特徴があります。それだけでなく、同じ処方でも気温や湿度の微妙な影響を受けることがあったりして、透明石けんはとても繊細な製品なんです。よく、同じ部署のスタッフ同士で私たちは石けんの子守りのようだなんて、話してますよ。

Q.石けん製造、仕上げに携わるスタッフは、「石けんが生き物だ」と言いますね。特に、透明石けんは乾燥・熟成もあるだけに、より難しいところも多いでしょう。 外川:そうですね。難しいところもありますが、よりよい改善を行なうためにスタッフで連携を取って気づいたところを報告し合って、改善できそうなところは上司に相談したうえで挑戦しています。挑戦した結果、新しいやり方を取り入れることもあれば、変更しないこともあります。もちろん、違う方法を模索することも。例えば、型打ちした後に再度石けんを磨き直すことが多く、それを改善するため検品者を増やしたことがあります。2年ほど続けてデータを取りましたが、磨き直す石けんの数が減らず検品者の数を戻し、他の対応を取りました。このほか、スタッフが同じ作業をずっと続ける方が働きやすいのか、短い時間でローテーションした方がいいのかなど、一緒に働くスタッフの意見も取り入れながら検討もします。よりよい状態でスタッフが働けて、それによってさらによい製品がつくれるような対応を、日々考えて行動しています。

Q.丁寧にたくさんの製品をつくりあげるためには、スタッフ間の連携やフットワークの軽さが欠かせませんね。それでは最後に、仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。 外川:私たち製造に携わるスタッフは、直接お客様にお会いする機会はほとんどありません。毎日石けんに囲まれていると、目の前のことだけ見て、お客様の顔をあまり考えなくなってしまいます。だからこそ、私は次の工程の人がお客様と思って仕事をしています。次の人がなるべく容易に作業ができるような丁寧な仕事を心がけています。私たちにとっては何千、何万個の石けんの一つだとしても、お客様にとっては市場にあるたくさんのものから選んだ大切なひとつ。それを忘れず、石けんと向き合っていきたいと思います。

M-mark アミノ酸ヘアウォーター<br>「お客様にとってはひとつの石けん」であることを忘れない