MATSUYAMA

PRODUCTS 製品紹介

SHOPPING GUIDE ご利用ガイド

TOPICS トピックス

STAFF SELECT わたしのイチオシ

ブランドからさがす

アイテムからさがす

GIFT WRAPPING

CATALOG & SAMPLE

FACTORY OUTLET

肌をうるおす保湿乳液
「ベタつかないのに、しっとりとした使い心地がイチオシ」
研究開発部 佐藤さくら

Q.イチオシはどの製品でしょうか。 佐藤:「肌をうるおす保湿乳液」です。もともと、ベタついた使用感が苦手で、化粧水しか使わないこともあったのですが、乾燥が気になるようになって使い始めたのが乳液です。この乳液は、みずみずしい質感ですが、肌になじむとベールに包まれたようなしっとりした使い心地が気に入っています。まずは、乾燥が気になる部分を中心に塗り、皮脂の多いTゾーンは、手に残った乳液を塗っています。朝は、日焼け止めなど、肌の上に重ねるものが多いのでベタつきを抑えるために少なめ、夜は多めに、首まで伸ばして塗っています。

【処方開発者から、ひとことコラム】肌の保湿性を保つ大豆胚芽抽出液と大豆発酵エキスに加え、5種類のセラミドのほか、肌なじみの良い油分である大豆油とシア脂、スクワランを組み合わせた乳液です。肌をしっとりとうるおして、表面を薄いベールでやさしく包み込み、与えた水分を角質層内に留めます。浸透水や美容液の後に使用することで、軽い使用感でありながら、うるおいのある肌の感触を保つことができますので、クリームは苦手という方にもぜひ使ってみてほしいアイテムです。肌をうるおす保湿スキンケアは、保湿アイテムのすべてに5種類のセラミドを配合。シリーズで使うことで、よりうるおいを実感できますよ。

Q.普段の仕事について教えてください。 佐藤:石けんや、スキンケア製品の処方開発を担当しています。企画の担当者と、目指す使用感の検討、その後、原料選定や配合割合の調整、製造条件の検討や決定を行なっています。このイチオシのアイテムの処方開発も、実は私が担当しました。以前は、品質保証部で製品検査のほか、品質保証業務に携わっていたこともあります。

Q.仕事をするうえで大切にしていることはありますか。 佐藤:自分で確認すること、納得しながら業務を進めることです。知識の中でも、見聞きして知ったことと、自分が実際に行なって確認したことは、まったく理解の深さが異なると考えています。また、処方や製品についての感想も、ただ「よい」だけでなく、その人にとっての「よい」は何を意味するのか、わかるまで質問してしまいます。感じ方は、人それぞれですから、きちんと相手の意見を聞きとらなくては、同じ意見のつもりが、実は違っていたりすることもあると思うからです。

Q.最後に、お客様へメッセージをお願いします。 佐藤:気に入ったものは、手に入れる(購入する)、パッケージを開ける、そんなプロセスひとつひとつに、ワクワクした気持ちになりませんか。私は、気に入ったものは、眺めたり、丁寧に扱ったり、考えているだけで、楽しい気持ちになります。使っているときだけではなく、目に、手にしたときからお客様が楽しさを感じる、そんな製品を開発したい、いつもそう考えています。

肌をうるおす保湿乳液<br>「ベタつかないのに、しっとりとした使い心地がイチオシ」