MATSUYAMA

PRODUCTS 製品紹介

SHOPPING GUIDE ご利用ガイド

TOPICS トピックス

STAFF SELECT わたしのイチオシ

ブランドからさがす

アイテムからさがす

GIFT WRAPPING

CATALOG & SAMPLE

FACTORY OUTLET

LEAF&BOTANICS マザーソープ アサイー
「業務の見直しとアップデートが大切」
生産部 赤池大介

Q.イチオシの製品はどの製品でしょうか。 赤池:製造も担当している「リーフ&ボタニクス マザーソープ アサイー」です。今では、よくアサイーの製品を市場でも見かけるようになりましたが、数年前は、珍しいものでしたよね。実は、初めてアサイーのことを知った時、一体、何なのかよくわかりませんでしたが、その後、アマゾン原産のフルーツである事を聞き、木イチゴのようなワインレッド色をしていたので、なるほどと合点がいきました。そのアサイーの色を生かしてつくったこの製品は、今までのリーフ&ボタニクス マザーソープにはない印象的な色。その色に興味をひかれて、使い始めました。

Q.確かにワインレッドのような色みが特長の、置いているだけでも存在感のある石けんですね。この製品も製造を担当しているとのことですが、普段の仕事について、詳しく教えてください。 赤池:はい。この製品をはじめとした、透明石けんの製造を担当しています。具体的には、原料の調達・発注と秤量、原料を釜に配合しての製造業務を行なっています。単純な作業だと思われる方も多いかもしれませんが、数年かけて、ようやく透明石けん製造全体の作業を把握できるようになったと感じていて、奥深い仕事だと感じています。

Q.なるほど。透明石けん製造一筋なんですね。透明石けんは、私たち松山油脂が誇る技術のひとつ。そんな業務に携わっていることを、どう感じますか。 赤池:長期間の乾燥・熟成工程を経て、磨かれてつくられる透明石けんは、その透明度の高さや使用感にご好評をいただいています。そんな製品の製造に携われることは、私にとっても誇りですね。

Q.工場見学などでお客様と直接お会いしたとき、透明石けんを見ていただくと、お客様からも透明度や使用感にお褒めの言葉をいただくことがあります。とても嬉しいですね。それでは、自分の業務の中で、難しいところはありますか。 赤池:透明石けんはとても繊細な製品で、生き物のようです。製品標準書通りに製造することはもちろんですが、製造時は釜の中の微妙な変化を常に観察して、知識として蓄積させています。このような経験に基づいた勘や、よい意味での慣れが必要なところ、標準化することが困難なところが難しいです。緊張感を持って業務に取り組むことで、毎日新鮮な気持ちで働くことができるのは、いい点ですけれどね。

Q.明日は今日よりもよいモノづくりをしたい、そんな向上心は自分自身の成長にもつながりますよね。最後に、仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。 赤池:仕事を楽しめる考え方をするということでしょうか。私たち生産部は、生産予定に基づいた製品・量を、製品標準書通りに製造しています。もちろん、製造時はルールを順守して行なわなくてはいけません。しかし、ルールがあることはそれを守ればいい、それだけすればいいと考えてしまえば、受動的になってしまいます。そうならないよう、現在のルールが最適なのか、時と方法を見極めたうえで変更すべきことは変更していく必要があります。常に、今よりもよい仕事ができるように考えながら働くことが、日々の業務内容を高め、仕事を楽しめる考え方だと思っています。これからも、知識や経験を増やして、日々、業務を見直し、アップデートしていきたいですね。※「LEAF&BOTANICS マザーソープ アサイー」は販売を終了しました。

LEAF&BOTANICS マザーソープ アサイー<br>「業務の見直しとアップデートが大切」