松山油脂株式会社

すこやかな肌には欠かせない、紫外線ケア

紫外線ケア
紫外線は、晴れた日や日差しが強い季節だけでなく、曇りや雨の日、日差しの強くない季節でも降り注いでいます。日焼けや日焼けによるシミ・そばかす、乾燥などの原因になる紫外線から肌を守るためには、日々のケアが大切です。
肌をうるおす保湿UVクリームは、潤いを保ちながら、紫外線からやさしく肌を守る日焼け止めです。敏感な肌にもやさしく作用するよう、低刺激処方にこだわりました。日々の生活から野外での軽いスポーツやレジャーまで幅広く使え、使用後は石けんで落とせます。白浮きしにくく、化粧下地にもおすすめです。アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・シリコーン不使用。
紫外線ケア

■紫外線の基礎知識

太陽の光に含まれる紫外線には、UV-A(紫外線A波)やUV-B(紫外線B波)などの種類があり、肌に与える影響はそれぞれ違います。

UV-A‥‥
肌の黒化やしわ・たるみを促進するUV-A。雲や窓ガラスも通過し、じわじわと真皮にまで届いて肌内部にダメージを与え、しわやたるみの原因となります。
UV-B‥‥
エネルギーが強く、肌表面にダメージを与えやすいUV-B。肌に赤く炎症を引き起こす(サンバーン)ほか、メラニンを増加させるため、シミやそばかすの原因となります。
紫外線の基礎知識

■日焼け止めの選び方

日焼け止めは効果が高ければよいというものでもなく、使用するシーンに合わせた選び方をすることが大切です。日常生活と、炎天下の海や山などのレジャーで浴びる紫外線の量や強さは同じではありません。日常生活では肌への負担が少なく石けんで落とせるものを、炎天下でのレジャーなどでは数値が高いものや防水性があるものなど、使用するシーンに合わせて選びましょう。

紫外線防止の効果
SPF‥‥
UV-Bの防止効果。数値が高いほど効果が高くなります。
PA‥‥
UV-Aの防止効果。+の数が多いほど効果が高くなります。

■紫外線を防止する成分

紫外線の防止成分には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

紫外線散乱剤

矢印
肌表面に受ける紫外線を乱反射させて、肌への影響を防ぎます。物理的に光を反射させるため肌への負担が少ないことが特長。敏感肌用や子ども用の日焼け止めに使われることも多くあります。

紫外線吸収剤

矢印
吸収剤そのものが紫外線を吸収し、化学変化によって熱などのエネルギーに変換して肌への影響を防ぎます。使用感がよく、紫外線防止指数の高いものも多くありますが、肌表面で化学変化を起こすため、肌が敏感なときには刺激になる場合があります。

■日焼け止めの使い方

塗り残しがないように、あごの下や鼻の下のくぼみ、鼻の穴の脇などの細かい部分や首などにも、忘れず丁寧にのばします。日焼け止めの効果を保つためには、3時間を目安に、また、肌をタオルなどで拭いた後などは塗り直しましょう。
日焼け止めの使い方

プロダクトへプロダクトページへ