HADAHUG

すこやかな肌をはぐくむ
0歳からのスキンケア習慣

乾燥や外的刺激の影響を
受けやすい乳幼児の肌には、
「洗う・うるおす」の習慣が
大人よりも大切です。
肌を清潔にするために、負担の少ない
洗浄成分を選びやさしく洗う。
そして、うるおいを保つ皮脂膜の働きを補い、
バリア機能を助けることで、
すこやかな肌をはぐくみます。

SKIN CHARACTERISTICS

肌の特徴

赤ちゃんの肌の特徴

  • ・皮膚の厚みは大人の1/2~1/3
  • ・皮膚の表面積は少ないのに、汗腺の数は大人と同じ
  • ・皮脂の分泌量は大人の1/3 ※生後2~3ヶ月後から
新生児からの皮脂分泌量の変化

ほかにも角質層内の天然保湿因子や細胞間脂質が少ない、ターンオーバーが早いといった成長過程特有の特徴があります。乳幼児の肌はふっくらもちもちとした見た目の印象とは異なり、実はとても繊細でダメージを受けやすい肌です。正しい肌のケアは、この時期の肌を守ることはもちろんですが、すこやかな肌へとはぐくみ、導くことにつながります。

WASH

洗う

まずは洗う、必要なうるおいは守り、
洗浄成分は肌に残さない

乳幼児の肌にとって刺激となる汗やよだれ、アレルゲン (食べ物やダニなど) をできるだけ早く、やさしく取り除く必要があります。

洗う
洗浄成分のこだわり[石けんベース処方]
主な洗浄成分に、過剰な皮脂や垢など酸性の汚れに効果的な弱アルカリ性の植物由来の石けんを選びました。適度な洗浄力と豊かな泡が摩擦による刺激を抑え、すすぎが早く、洗浄成分が肌に残らないため、繊細な乳幼児の肌に負担をかけることなく、清潔にします。
製法のこだわり[コールドプロセス製法]
30日間ゆっくりと熟成してつくる製法。できあがった保湿せっけんには、原料の植物オイルが約4%残っているため、洗った後、皮脂が不足して乾燥しやすい状態の肌をしっとりと保ちます。泡立ち・洗浄力・泡切れの3つのバランスがよいのも特徴。
製法のこだわり[釜焚き製法]
肌への摩擦を抑えて洗うことができる、濃密な泡の全身泡せっけん。パーム核油とべに花油を原料に釜焚き製法でつくった洗浄成分がベースです。植物油に含まれる天然由来のグリセリンが、洗浄後の肌の乾燥やつっぱり感をやわらげます。

未発達な肌のバリア機能を守りながら洗う

  • たっぷりの
    泡を手で
  • 汚れが
    たまりやすい
    しわの中まで
  • すすぎは
    しっかり
    ていねいに
  • タオルは
    やさしく抑える
    ように

CARE

うるおす

皮脂膜を補う3つの成分で
バリア機能を補う

皮脂とよく似た成分をバランスよく配合。乾燥や外的刺激、汗やよだれから乳幼児の肌を保護し、すこやかな状態に整えます。

うるおす
[ホホバ油]
肌の潤いを守り
バリア機能を補う
皮脂の主成分ワックスエステルと似た成分を持つ。肌とのなじみがよく、皮脂膜の働きを補う。
[スクワラン]
肌を柔らかく保つ
エモリエント効果
ヒトの皮脂に近くて感触のよい油。肌の柔軟性を保つ、エモリエント効果に優れています。
[シア脂]
肌表面に膜をつくり
潤いを守る
体温で溶ける固形の油脂。角質層への浸透性に優れており、肌表面に膜をつくって保護します。

乾燥や外的刺激から守る

  • 入浴後は
    5~10分以内に
    必ず保湿を
  • 保湿剤は
    手の平で
    温めてから
  • たっぷりの量を
    こすらずに
    やさしく
  • 乾燥状態に
    合わせ保湿剤を
    使い分ける

0歳から使える低刺激処方

全製品

敏感で繊細な乳幼児の肌を考え、
肌への刺激が考えられる6つの成分は使用していません。

パラベン
アルコール
香料
着色料
鉱物油
シリコーン
パッチテスト済み*・アレルギーテスト済み*
*すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起きないというわけではありません。

about HADAHUG

松山油脂がこれまでに培った伝統的製法の石けん製造や、敏感肌向けスキンケアやボディケアの製品づくりの経験を活かし、HADAHUGをつくりました。洗うこと、うるおすこと、そしてすこやかな肌に育つようにという思いをこめた、乳幼児のための低刺激スキンケアです。