皐月「モイストセラム」

植物の力をふんだんに詰め込んだ
肌の悩みに寄り添う美容液

新緑が美しく、清々しい5月。1年の中でも過ごしやすい時季ですが、気温や湿度の上昇により皮脂の分泌が多くなり、肌の悩みも増えてくる頃です。様々な肌の悩みに対応するモイストセラムは、植物の力をたっぷりと配合したオイルフリーの美容液。17種の植物から得られる19種類のエキスが角質層に浸透し、肌が本来持っているバリア機能などの働きを整えて、みずみずしく潤う肌を保ちます。紫外線などによるダメージから肌を守ることができるように、肌の基礎体力をつけて、本格的な夏を迎えましょう。

モイストセラム 30mL 4,290 / 詰替 25mL 3,520

肌を整える17種の植物の力

モイストセラムには、17種の植物から得られる19種類のエキスを配合しています。そのひとつである浸草水は、ベースとなる富士山の伏流水に、健康茶としても知られる甘茶蔓や柚子、生姜の有用成分をたっぷりと溶かし込み、つくりました。化粧品の大部分を占める水を薬湯にするという着想から開発した浸草水は、植物の力を生かした独自の化粧品原料です。その浸草水に加え、健康や美容によいとして古くから親しまれてきた甘草や姫風露、カミツレやローズマリーなどのエキスを配合。多様な肌の悩みに応えて、すこやかな状態に整えます。

20203月のリニューアルにより、新たにスダチ果皮エキスを配合しました。徳島県産のすだち果皮から抽出したスダチ果皮エキスは、アクアポリンの働きに着目した保湿成分です。水の通り道とも呼ばれるアクアポリンは、表皮の細胞膜に存在するタンパク質。水の分子を細胞に透過させて、表皮に水分を行き渡らせる働きがあります。徳島大学と協同探究した結果、スダチ果皮エキスは角質層に水分を巡らせて潤いを保つ力を補うことがわかりました。角質層を潤いで満たすことで、みずみずしくキメの整った肌を保ちます。

山葡萄は日本在来種の葡萄です。古来より滋養あふれる果実として知られています。毎年春先の2週間で採取される樹液は、山葡萄が芽吹くための大切な栄養源。糖やリンゴ酸などの有機酸、グルタミンなどのアミノ酸を豊富に含んでいます。樹木の負担にならないよう、必要な量だけを採取した貴重な樹液を、角質層の潤いを保つ成分として配合しました。様々な植物の力を生かしたモイストセラムは、バリア機能の整ったすこやかな肌に導きます。

531()まで、モイストセラムのサンプルをお渡ししています。この機会にぜひお試しください。
※包みは数量限定のためなくなり次第終了となります。 ※オンラインストアでは、商品をご注文いただいた方へお送りしています。

| 北麓草水