MATSUYAMA

PRODUCTS 製品紹介

SHOPPING GUIDE ご利用ガイド

TOPICS トピックス

STAFF SELECT わたしのイチオシ

ブランドからさがす

アイテムからさがす

GIFT WRAPPING

CATALOG & SAMPLE

FACTORY OUTLET

Mマーク 米ぬかせっけん
「優しく包み込んでくれるような弾力のあるきめ細かい泡がイチオシ」
研究開発部 下田毬絵

Q.イチオシはどの製品でしょうか。 下田:Mマーク 米ぬかせっけん」です。以前の私は、季節の変わり目に普段のスキンケアでもヒリヒリと刺激を感じてしまうほどの敏感肌でしたが、このアイテムを使うようになって、そんな刺激を感じづらくなったんです。優しく包み込んでくれるような弾力のあるきめ細かい泡が、イチオシのポイント。しっとりとした洗い上がりで、顔から身体まで全身に使っています。

【処方開発者から、ひとことコラム】日本人になじみが深く、保湿効果にすぐれた素材として知られる米ぬかを配合した石けんです。産地や製造工程にこだわった米ぬかに加え、弾力のあるきめ細かい泡をつくる米デンプン、肌にしっとりとした潤いを残す米ぬか油を配合しました。そんな米の恵みを取り入れた「米ぬかせっけん」は、しっとりとした洗い上がりが特長です。

Q.普段の仕事内容を教えてください。 下田:研究開発部に所属し、処方開発や改良業務を担当しています。具体的には、処方の方向性を企画担当者と決めて原料を選定しながら配合する成分を検討します。その後、品質確認試験を行なって、処方を完成させていきます。現在は、新しいヘアケアブランドの処方開発を担当していますが、新しいブランドはコンセプトをどのように処方に反映させるか、希望の使用感や配合原料をどう選ぶか、から考える必要があります。そのため、既存ブランドの処方開発や改良に比べて難しい反面、やりがいも感じています。

Q.仕事をするうえで、大切にしていることはありますか。 下田:仕事の基本ですが2つあります。1つめは、上司や先輩に報告、連絡、相談を適宜行ないながら、業務を進めることです。以前、原料として使用するエキスの処方を開発した際、実際に抽出できた量が想定していた抽出量より少なく、迷惑をかけてしまいました。もっと周囲の人に相談ができていたら、そのようなミスは起こさなかったと強く反省し、それ以来、早めに相談するようにしています。2つめは、スケジュール管理を徹底することです。同時に複数の処方開発を並行して担当することが多いため、締切日から逆算したおおまかなスケジュールを出しておくことで、混乱や見落としがないよう、確認できるようにしています。

Q.最後にお客様に伝えたいことはありますか。 下田:松山油脂では墨田工場と富士河口湖工場で、工場見学やワークショップを開催しています。すぐそばで製品ができる様子をご覧いただけることはもちろん、実際の製造担当者や、私のような処方開発担当者など、様々なスタッフがお客様をお迎えします。みなさまのご来訪を心よりお待ちしています。

Mマーク 米ぬかせっけん<br>「優しく包み込んでくれるような弾力のあるきめ細かい泡がイチオシ」