MATSUYAMA

PRODUCTS 製品紹介

SHOPPING GUIDE ご利用ガイド

TOPICS トピックス

STAFF SELECT わたしのイチオシ

ブランドからさがす

アイテムからさがす

-->
  • ハウスケア
  • トライアルセット
  • ギフトセット
  • GIFT WRAPPING

    CATALOG & SAMPLE

    FACTORY OUTLET

    M-mark 釜焚き枠練りせっけん
    「スタッフ間のコミュニケーションを大事にしてミスをなくす」
    生産部 大倉直人

    Q.普段の仕事について教えてください。 大倉:私は入社以来生産部に所属しています。現在はボディソープなどの液体製品、石けん、バスソルトなどの粉体製品の充填・包装作業を行なったり、作業がスムーズに進むようスタッフの作業内容の管理などを行なっています。

    Q.これまでにたくさんの製品を使っていると思いますが、イチオシの製品はどの製品でしょうか。 大倉:「M-mark 釜焚き枠練りせっけん」です。洗い上がりがしっとりとするところがイチオシのポイントです。少し大きめのサイズなので、使いごたえがあります。また、枠練り製法でつくられているので溶けくずれしにくく、最後まで気持ちよく使えます。

    Q.「釜焚き枠練りせっけん」と仕事の関わりで印象的なことはありますか。 大倉:私は入社から今年の春まで、生産部の中でも原料から製品の中身をつくる、製造に関わる仕事を行なっていました。イチオシの製品は、私がちょうど枠練り石けんの製造、石けんを切る「小切り」作業担当だったときに開発に参加した、思い入れの深い製品です。

    Q.製品の開発にも参加したのですね。具体的に、どのような開発を行なったのでしょうか。 大倉:製造担当として、成型工程の検討を行ないました。枠練り石けんは、釜焚き製法でつくった石けん素地にシア脂などの原料を混ぜ合わせ、型枠に入れて冷やし固めた後、1個の石けんに小切ります。その後乾燥工程へと移りますが、枠練り石けんは乾燥工程で変形してしまうことがあります。その後、金型で型打ちをするのですが、変形した石けんを型打ちするとバリと呼ばれる石けんのカスのようなものが出て石けんがきれいに仕上がりません。そのためその変形がなるべくおきないよう、研究開発部、品質保証部と試行錯誤を繰り返しました。その中で、金型で石けんを打つまでの乾燥期間で石けんが変形しにくくなることを突き止めました。

    Q.製品をつくり上げるには、他部署との協力が不可欠ですね。他に、仕事をするうえで心がけていること・大切にしていることはありますか。 大倉:現在行なっている仕事は、製造工程の中でもお客様にお届けする製品に仕上げる最終工程です。最終工程ということは、何か問題があれば、直接お客様にご迷惑やご心配をおかけしてしまいます。充填・包装作業は製品の中身を見たり、製品によっては触れる機会がある仕事です。製品が完成した後、最終試験は品質保証部で行なっていますが、見た目や香りの確認は日々、目の前の中身を充填しながら私たちができることです。お客様の手に渡る直前の作業ということを忘れずに、ミスをなくすよう心がけています。気付いた点は、早く声を上げる・上げてもらう、聞き取りをするなど、スタッフ間のコミュニケーションを大切にしています。

    Q.最後に、これからの抱負を教えてください。 大倉:私は長年生産部に勤務し、製造や仕上げの仕事に携わっています。スキンケアの充填から石けんの製造(透明石けん、化粧石けん、枠練り石けん)、石けん素地の焚き込み、枠練り石けんの小切りなど、業務は多岐に渡ります。それぞれの場所で必要な作業は違いますが、自分の手を動かし、目で見て確認する。それはどの場所でも必要で、重要なことです。時間に追われ気持ちに余裕がなくなることもありますが、その場の感情に流されないように、落ち着いた作業を心がけています。

    M-mark 釜焚き枠練りせっけん<br>「スタッフ間のコミュニケーションを大事にしてミスをなくす」